【スタートするのに最適な時期は?】歯列矯正を始めるタイミング|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

【スタートするのに最適な時期は?】歯列矯正を始めるタイミング

  • 2018年7月31日

 alt=

いざ「歯科矯正を開始しよう!」と決意したのに

 

「いつから始めればいいのかな…」

「とりあえず始めてみればいいのかな?」

 

と、なんとなく治療を開始する時期を決めていませんか?

基本的に最適な時期というのはありませんが、あなた自身のスケジュールに合わせることはとても大切です!

 

特に歯科矯正を始めたばかりの時は、違和感など何かとトラブルが起こりがちです。

開始するタイミングを間違えると、不便さや不快感で矯正へのモチベーションが下がってしまう事もあるので、スケジュールをしっかり考えて矯正を始める時期を決めましょう!

 

長期休みの前・旅行前はちょっと待って!

 

旅行前のお盆休みや年末年始の直前に「今からすぐに治療を始めたい!」という気持ちは分かりますが、この時期は多くの病院が長期間お休みに入ってしまいます。

その直前にワイヤーやブランケットなどの矯正器具を装着すると、その後トラブルが起きても病院に行くことができませんし、自力で外すことができません。

矯正を開始したばかりの時は、歯が動く痛みや器具を装着した違和感が気になる人が多いのです。

特に旅行前に歯科矯正をスタートさせると、旅行中に違和感や痛みに苦しめられて、辛い旅行になってしまう恐れもあります。

またワイヤー矯正の場合は、急に外れてしまうなどのトラブルが多く、外れたワイヤーが歯茎や皮膚に突き刺さって炎症が起こる事も少なくありません。休みが明けるまで病院に行くことができず、長い間痛みを我慢しなければいけなくなります。

 

インビザラインなら安心!

もし、長期休みの直前に始めたいのであれば、インビザラインが安心です。インビザラインは自分で取り外しができるので、痛みや違和感が強ければ外すことができます。

もちろんその分矯正のスケジュールが伸びたり、予定とは違う仕上がりになってしまう事も考えられますが、そもそもワイヤーが外れて強い痛みを感じる…というリスクがほぼありません。

自分のスケジュールと相談しよう!

 

歯科矯正は歯を動かすことになるので、それまでとは様々な面で変化が起こります。

そんなとき、何かが起きた時にすぐに病院に行くことができるようにしておけば安心ですよね。

なので、病院が長期休暇に入る前や旅行など、すぐに病院に相談することができないタイミングで開始するのはあまりおすすめはできません。

また、仕事が忙しい時や大きなイベントの直前に開始するのもおすすめできません。できるだけ不安の少ない状態で矯正をスタートできるよう、自分のスケジュールを確認しながら開始時期を医師と相談していきましょう。

 

学生さんであれば、中学・高校生ともなると進学の際、遠くに引っ越すかもしれない不安があると思います。インビザラインなら毎月の通院が必要なく2~3か月に1回の来院でも治療できます。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP