【留学を考えている人、必見!】将来留学を希望する人が歯科矯正をするメリット|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

【留学を考えている人、必見!】将来留学を希望する人が歯科矯正をするメリット

  • 2018年8月28日

 alt=

 

 

海外留学をする前には、準備することが沢山!

お金はもちろん…手続きや物品の準備、留学先の共用語を覚えることも必要です。

そして、普段私達がさほど気にしていない「歯並び」も留学前に準備しておく必要があるのはご存知でしたか?

 

日本人の歯並びは悪いって本当?

 

実は、日本人の歯並びは世界中の人々と比べて歯並びが悪いと言われています。

実際、自分や人の歯並びを気にしたことがあるか考えてみると、気にしたことがない人がほとんどではないでしょうか。

日本で暮らしていると、歯並びが多少悪くても周りから何か言われることはありません。

 

もっと言えば、八重歯がかわいいとされるアイドルもいますね。

八重歯は噛み合わせが悪い不正咬合の一つで「乱ぐい歯」とも呼ばれます。顎が小さく、歯が生える場所が足りなくなって起こります。このように、日本ではあまり歯並びを重要視していないとされています。

 

歯並びを気にしないのは日本人ぐらい?

 

しかし留学先はどうでしょうか。英語圏の人も、ヨーロッパ出身の人も、アジアの人も、みんな歯が真っ白で綺麗な人が多いですね!

その理由は、世界では歯並びや歯の綺麗さがとても大事だと考えられているからです。

海外では、乳歯から歯が生え変わるタイミングで歯並びが悪いと、歯の矯正を必ず行います。逆に歯の矯正を行っていないと、歯にお金がかけられない家だな…と見られたり、就職に影響することもあるそうです。

 

留学中、歯のことで嫌な思いをしないために、自分の歯を見つめ直してはどうでしょうか。

歯並び悪いと虫歯になるリスクも高くなるため、留学前に歯科矯正しておくことをおすすめします。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP