【知っていた?!】よい噛み合わせは、健康にもいい?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

【知っていた?!】よい噛み合わせは、健康にもいい?

  • 2018年8月28日

 alt=

 

「よい噛み合わせ」とは、一言で言えば「全部の歯がきれいに噛み合っている状態」で、よい歯並びである、とも言います。

 

よい噛み合わせである条件は以下の3つが挙げられます。

 

・正中線(真ん中二本の前歯の間を結ぶ線)が上下で真っ直ぐである

・正中線を中心に歯が左右対称に並んでいる

・上の前歯が下の前歯に少しかぶさっている

 

この3つに当てはまっている状態が、歯並びが良い歯なのですが、自分の歯並びが良いのか悪いのか分からない、という方もたくさんいます。

ここでは、鏡があれば出来る簡単な歯並びチェックをご紹介します。

 

歯並びチェックリスト

 

まずは7つの項目をチェック!

 

①顔を正面から見た時、下あごが左右どちらかにずれていませんか?

②顔を横から見た時、上下のあごのどちらかが突き出ていませんか?

③上下の歯の真ん中は揃っていますか?

④犬歯より後ろの歯(奥歯)は、しっかり噛み合っていますか?

⑤口の開け閉めが不自然ではありませんか?(カクンとなりませんか?)

⑥歯並びを上から見たときに綺麗なアーチ型になっていますか?(ガタガタしていませんか?)

⑦上下合わせて永久歯は28本揃っていますか?(親知らずを除く)

 

この他にも、言葉がはっきり話せるかどうかもチェックしてみましょう。

歯と歯の間に隙間があったりすると、そこから息が漏れて“シ”が“シュ”になったりと発音が不明瞭になることもあります。

 

歯並びが良くなればかみ合わせも良くなる!

 

歯並びが良ければ見た目が美しいのはもちろん、上下の歯がピッタリ合っているので、歯の一番重要な役割である「噛む」という機能を十分に発揮することが出来ます。

食べ物をしっかり噛めるというのは、胃の消化を助け、あごの筋肉を丈夫にします。さらによく噛むことで唾液の分泌が促され、虫歯になりにくくなる効果もありますし、脳が刺激されて集中力や注意力が高まるとも言われています。

それだけ歯並びを整えることは、全身の健康を考える上で重要なことです。普段気にしていない方も、少し歯並びに目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP