子供のうちに歯科矯正するメリットは何があるの?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

子供のうちに歯科矯正するメリットは何があるの?

  • 2018年9月27日

 alt=

 

「歯科矯正は小さいときから始めたほうがいいよ!」

 

と聞いたことはありませんか?

 

実は大人と子供では、

大人=歯を動かす治療

子供=顎の骨の発育を正しい方向へ誘導する

 

という違いがあり、子供のうちから始めることである程度 顎の成長発育をコントロールしながら歯科矯正できるというメリットがあるのです!

 

メリットは成長過程に合わせて矯正ができる!

 

子供の歯科矯正は、顎字体を矯正する子供の場合は15歳前後まで経過観察をする必要があるので、治療期間は大人に比べて長くなる傾向にあります。

しかし、顎の成長過程で行うため、顎や顔のバランスを整えることができるメリットがあります。

大人になってから顎の骨の大きさを変えようと思えば顎の骨を切るなどの外科手術になってしまいます。

さらに、大人の歯科矯正ではスペースが不足していれば抜歯をすることがありますが、子供の歯科矯正では、乳歯の時点で永久歯が生えるスペースを確保するため、将来的に健康な歯が損なわずに済むかもしれません。

 

費用面でもメリットが!

 

大人になってからの歯科矯正は、先天性の疾患や外科的な治療が必要な場合を除き、自費治療になります。

ただ、歯並びが悪いまま放っておくと、将来的に虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまったり、お子さんのコンプレックスとなってしまうこともあります。

歯科医院によって費用は異なりますので、予め確認しておくことをおすすめします!

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP