歯並びは自然に治るものなの?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

歯並びは自然に治るものなの?

  • 2018年9月27日

 alt=

 

「子供の歯並びが悪い気がする…。でも、大人になったら自然と治るだろう」

 

と、お考えのお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。

成長すると身体も頭も大きくなり、歯も乳歯から永久歯に生え変わるので、その時に歯並びも良くならないかな?

 

と期待してしまいますが、実際はどうなのでしょうか?

 

歯並びが自然に治ることはありません!

 

基本的に、子供の頃に歯並びや噛み合わせが悪く、成長に伴って良くなる、ということはありません。

しかも、年齢を重ねていくと良くなるどころか悪化する場合もあるのです!

歯の噛み合わせが悪いことを不正咬合といいますが、不正咬合を放っておくと顎関節症や発音障害、虫歯になりやすい等の弊害が生じてしまいます。

 

歯並びが悪くなる原因

 

歯並びが悪くなる原因は、様々な要因が考えられます。

 

・遺伝・先天的な理由

・指をしゃぶる・頬杖を突く・爪を噛むなどの癖がある

・乳歯の虫歯などで乳歯がボロボロになって早く抜けてしまった 

・慢性的な鼻づまり・口呼吸・お口ぽかんなどがある

 

などが挙げられます。

 

歯並びは子供の頃に治しておいた方がいい?

 

歯並びが悪いと歯磨きが上手にできず、虫歯や歯周病の原因となります。

それだけでなく、歯並びが知らないうちに子供にとってコンプレックスになっていたり、また出っ歯などのお子さんはけがをするリスクも高いとされています。

 

ただ、子供の頃に矯正するのと、大人になってから矯正するのではおおよそ倍の期間がかかることもあります。理由は子供の矯正治療は“成長発育を見守る(コントロールする)”必要があるからです。顎と歯並びの成長発育が概ね終わるのは早くとも14~16歳とされています。そのため治療期間がかかります。

その分、歯並びも早期に原因を追究し矯正治療で成長発育をコントロールすることで将来的な抜歯や手術を伴う矯正治療を回避できるかもしれません。

 

子供や、自分の歯科矯正を考えている方は、一度歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか?

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP