笑顔が怖い…と思われてない!?「笑歯肉」って知ってる?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

笑顔が怖い…と思われてない!?「笑歯肉」って知ってる?

  • 2018年10月25日

 

皆さんは笑歯肉(しにく)という言葉を聞いたことがありますか?

 

笑歯肉とは笑った時に歯肉、つまり歯茎が見えてしまう状態のことを言い「ガミースマイル」や「ガミーフェイス」「ハイリップ」とも言います。

歯や口の機能的には問題ありませんが、笑った時のギャップでコンプレックスを抱えてしまう人も多くいます。

 

「歯並びは整っているけど、笑顔は好きじゃない…」

 

なんて悩みを抱えていませんか?

 

友人や家族に指摘されたり、気持ち悪いと言われてしまったりして、楽しい時に心から笑えなくなってしまった人も多く、笑う時に口元を隠したり、そもそも笑うこと自体をためらってしまうこともあります。

 

笑歯肉の人はどうすればいいの?

 

笑歯肉は治療により改善が期待できますが、笑歯肉になっている原因によって治療方法は一つ一つ変わります。

笑歯肉の原因は人によって様々で、出っ歯によって笑歯肉になっている人や、唇の問題で笑歯肉になっている人もいます。

出っ歯による笑歯肉には歯を本来あるべき位置に戻す歯科矯正が、唇の過緊張による笑歯肉には唇の筋肉の動きを抑えるボトックス注射が有効です。

 

歯科矯正で改善するならインビザライン

 

出っ歯が原因の笑歯肉を改善するなら歯科矯正が有効ですが「歯科矯正」自体が恥ずかしいもの、と思って踏み切れない人が多くいます。

しかし最近の歯科矯正はしっかりと治療をしながらも「目立たない」という方向に進歩しており、ほとんど「矯正装置を付けていても気づかれない」タイプの装置が登場しています。

特にインビザラインは透明なマウスピースを付ける治療法で、近くで見ても気づかれない程です。

ただし抜歯を伴う治療など、困難な症例ではインビザラインの治療ができない、という歯科医院も中にはあるので、まずはインビザラインで治療可能か相談をしてみるのがおすすめです。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP