【この噂は本当?】歯科矯正をすると歯ぐきが目立つようになるの?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

【この噂は本当?】歯科矯正をすると歯ぐきが目立つようになるの?

  • 2018年11月28日

 alt=

 

・歯科矯正って歯ぐきが下がっちゃうんでしょ?

 

と歯科矯正に対して不安を持っていませんか?

確かに歯科矯正をすると「歯ぐきが下がる」という噂がありますが、事実なのでしょうか?

 

歯科矯正をすることで歯肉退縮のリスクも!

 

歯科矯正に限らず、歯ぐきが下がってしまうことを、歯肉退縮(しにくたいしゅく)と言います。

矯正治療を行うことで歯ぐきは何方もわずかには下がりますが、多くの方が1.0mm以下でほとんど気づかない・気にならない程度です。歯肉退縮の「量」が大きいと問題となります。

 

歯科矯正前の歯ぐきの確認が重要!

 

歯肉退縮は歯科矯正だけでなく歯周病など歯ぐきの健康状態が悪くなったり加齢によっても起き、歯肉退縮の程度が大きい方は10年で約2mm歯ぐきが下がることもあります。

これは40代の方なら20代のころと比べ4mm程度下がることになります。

歯周病など歯ぐきのコンディションが悪い状態で歯科矯正を行うと、さらに歯ぐきが下がってしまうケースもあるので、歯周病の管理・治療はとても大切です。

 

ただ、ワイヤーを使った矯正治療の場合、歯磨きがしずらく、矯正治療をしながら歯周病のリスクを高めてしまします。

でも “インビザライン”なら、、歯磨きの際、取り外しが出来るので歯周病のリスクも少なく、歯周病による歯肉退縮のリスクも減ります。

 

「歯科矯正で歯ぐきが下がらないか不安…」

 

という方は一度歯ぐきの健康状態をチェックし、インビザラインによる矯正治療がおすすめです。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP