歯科矯正のデメリットを解消できるインビザラインって何?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

歯科矯正のデメリットを解消できるインビザラインって何?

  • 2019年1月31日

 alt=

 

美しい歯並びに憧れを持つ方も多いですが、いざ矯正治療を始めようと思うと

 

「矯正の器具を付けていると、食事がしづらくなるよね…」

「矯正の器具を誰かに見られているようで嫌だな…」

「矯正の器具のせいで歯磨きがしにくくなって、虫歯や歯周病になるリスクが上がりそう…」

 

などのデメリットを心配されて踏みとどまってしまういる方が多くいます。

そんな方々におススメなのが、インビザラインです。

 

インビザラインで矯正のデメリットを解消!

 

インビザラインは、透明のマウスピースを装着して行う矯正です。

そのため、装着していることを周りの人に気づかれることがほとんどなく、矯正装置の見た目によるストレスをほとんど感じません。

また、インビザラインの最大の特徴は「自分で取り外しができる」という点です。

食事をする際はインビザラインを外すので、食べる物の制限やストレスが少なく、また歯磨きもしやすいです。

 

口が怪我をするメリットも解消!

 

ワイヤー矯正ではワイヤーやブラケットが口の中で擦れて当たり、出血や、口内炎を作る原因になってしまうことがあります。

この痛みで治療が嫌になってしまう方もいるのですが、インビザラインでは口の中を傷つけることもほとんどありませんし、ワイヤーが外れてしまったなどの緊急トラブルも少ないので、旅行や留学にも安心して行くことができます。

もし、歯科矯正もしたいけど治療中の痛みや見た目、日々の管理が心配、という方は一度インビザラインを相談してみてはいかがでしょうか?

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP