インビザラインが痛くない理由|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

インビザラインが痛くない理由

  • 2019年2月26日

 alt=

歯科矯正について、

 

「食事ができないぐらい歯が痛くなる…」

「この痛みはいつまで続くのだろう…」

「痛くて矯正をあきらめてしまった・・・」

 

と、治療中の痛みについてネガティブな意見を見かけます。

歯科矯正を行うと、どうしてここまで痛みを感じてしまうのでしょうか?また、痛みが少ない歯科矯正の方法はあるのでしょうか?

 

歯科矯正で痛みを感じる2つの理由

 

人によって痛みの感じ方は違いますが、痛みの感じ方は主に2つです。

 

矯正器具の擦れる痛み

ワイヤーやブラケットが唇や頬に擦れて当たってしまうことで、ヒリヒリとした痛みを感じます。出血や口内炎の原因にも繋がります。

 

歯が動く際の痛み

歯科矯正をスタートすると、歯が動こうとします。すると引っ張られているような、ズキズキとした痛みを感じます。

特に矯正装置を装着したばかりや、調整をした後に強い痛みを感じるケースが多くみられます。

 

インビザラインなら痛みが少ない!?

ワイヤーを用いた治療は形状記憶の真っすぐのワイヤーを歯に接着したブラケットに通すことで、金属の形状記憶の弾性を利用して歯を動かします。

その過程で大きく力のかかる歯と、ほとんど力のかからない歯があり、歯の動くスピードも一定ではありません。

インビザラインは一人一人の歯に合わせてCAD/CAMを使って設計・製作を行います。

これにより、人の手では実現不可能な0.2~0.3ミリの精度で歯を動かすことができ、一度に大きく歯が動くことがありません。

1~2週間で交換するマウスピースを使って一定の速度で歯を動かしていきます。そのため、歯が動く際に感じる痛みがほとんどないのです。

 

さらにインビザラインはワイヤーやブラケットを使わないので、唇や頬に擦れて、口の中を怪我して痛みを感じることもほとんどありません。

 

もちろん、人によって感じ方が変わるのでインビザラインでも痛みを感じる人もいますが、インビザラインでは「痛みが辛くて治療が続けられない」という方は実際ほとんどいません。

痛みが不安で歯科矯正ができないと思っている方は、一度インビザラインを検討してみてはいかがでしょうか?

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP