インビザラインのカウンセリングって何をするの?|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

インビザラインのカウンセリングって何をするの?

  • 2019年3月28日

 

インビザラインで矯正をする場合、いきなり治療を始めるわけではありません。

治療に入る前にカウンセリングを行います。

 

では、実際にどのようなカウンセリングをおこなうのでしょうか?

 

カウンセリングって何をするの?

 

矯正治療を受けようと思っている方は、皆さん歯並び・かみ合わせが悪いなど様々な悩があります。

その他にも半年後に結婚式を控えている、海外出張があるからそれまでにホワイトニングをしながら歯科矯正をしたい、抜歯をしないで矯正をしたいなど、患者さんごとに持つ要望も様々です。

初回はそんな悩みや希望をヒアリングしながら、インビザラインでの治療が良いかどうかの診査をしていきます。

 

不安なことは全部伝えることが大切!

 

患者さんが不安に思っていること、悩んでいること、こうなりたいという希望をできるだけ詳しく聞きます。

なので、もしあなたが今インビザラインの治療を受けたいと思っていて、カウンセリングに行く予定があるなら、何を伝えなければいけないのか、まとめておくのが大切です。

カウンセリングの内容は治療方針を決定するうえで大変重要なものですから、なんでも遠慮なく話して、分からないことがあれば、分からないままにせずその場で質問することが大切です。

 

インビザラインならシミュレーションもできる!

 

インビザラインでは、3D画像による治療のシミュレーション(クリンチェック)を患者さんにお見せしながら説明し、承認を得てから治療を開始します。治療前後で、自分の歯がどのように変化するか、不安に感じる方もいます。クリンチェックを用いたシミュレーションは患者さんにも理解しやすく安心していただけます。

歯型を取ってからシミュレーションの3Dデータが完成するまでおおよそ3週間程度かかるため、再度来院することにはなりますが、自分の治療のゴールを画像で確認することが可能です。

 

このようなカウンセリングの後に、ご納得いただけたら初めて治療スタートになります。

カウンセリングを受けたからといって、必ず治療を受けなければならないというわけではありません。しっかりインビザラインを知って、治療を受けるかどうかを納得した上で患者さん自身に決めてもらうことが大切です。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP