アクティブなライフスタイルにも適応するインビザライン|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

アクティブなライフスタイルにも適応するインビザライン

  • 2019年3月28日

 

10代前半というのは、学業だけでなく、部活や習い事、趣味など、様々なことに意欲的に取り組む時期です。

また、おしゃれへの関心が高まり、歯並びの悪さに気がかかることも少なくありません。

 

特に最近ではSNSで動画や写真などをインターネットに上げる機会が増え、より一層自分の容姿が気になる方が増えています。

 

そんな10代にピッタリな歯科矯正はあるのでしょうか?

 

透明な矯正歯科治療法

 

成人向けに開発された矯正歯科治療法「インビザライン」を、ティーン世代が使えるように機能をプラスした「インビザライン・ティーン」なら、金属のブラケットやワイヤーをつけず、見た目を損なうことなく歯科矯正器具を付けることが可能です。

インビザラインは透明なマウスピースであるアライナーを歯にかぶせることで歯科矯正を行います。

多感な時期のティーン世代にとって、目立たない歯科矯正治療は効果的だと言えるでしょう。

 

スポーツや演奏でも邪魔にならない!

 

金属のブラケットやワイヤーを用いた従来の歯科矯正では、スポーツ中に口の中を切ってしまい、怪我をしてしまうことがありました。また、楽器を演奏する際などには唇に当たってしまい、管楽器などが演奏できない、やりづらいなどの制限もありました。

マウスピースを用いたインビザライン・ティーンなら、スポーツ中にブラケットで口の中が切れて怪我をする心配もありませんし、楽器の演奏も思い切り楽しむことができます。

 

 

今の親世代が子供だった頃よりも、今のティーン世代は容姿を気にすることが多いと言われております。きれいな歯並びになるための治療をしながらも、矯正しているのが目立たないのは、まさしく今のティーン世代にピッタリな治療法です。

アクティブに活動するティーン世代のライフスタイルには、インビザライン・ティーンがうってつけの治療法といえるのではないでしょうか。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP