知っているようで知らない!インビザライン治療の進め方|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

知っているようで知らない!インビザライン治療の進め方

  • 2019年3月28日

 

インビザライン・システムでは、少しずつ形の違うアライナー(マウスピース)を1~2週間ごとに交換しながらゆっくりと歯を動かすことで、歯並びを整えていきます。そのアライナーを作るためには「クリンチェック」という、3D治療計画ソフトウェアを使って歯の移動シミュレーションを行うことが必要不可欠です。

どのように歯が動いて、最終的にどうなるのかが治療前に分かるので、納得したうえで治療を始めることができます。

 

①まずはカウンセリングから

 

インビザライン・システムによる治療を始める前に、まずはカウンセリングを行います。どんな悩みや不安があるのか、希望などをできるだけ詳しく聞き、患者さんが安心して治療を受けられるよう治療についても詳しく説明します。

カウンセリングの内容はこれからの治療を進めていく上で重要ですから、分からないことや不安なことがあれば遠慮なく質問することが大切です。

 

②精密検査・診断

 

歯型やかみ合わせの型取りをします。また、顔貌写真や口の中の写真など、インビザライン治療に必要な情報を収集し、アメリカにあるインビザラインの会社、アライン・テクノロジー社に送ります。

 

③患者データをデジタル化

 

②のデータをスキャンし、デジタル化します。②の際に最新の光を用いた印象(光学印象)をした場合はこれを元に、歯の並びを精密に再現したデジタル3D画像を作ります。

 

④治療シミュレーション作成

 

治療を始めた時点からゴールまでの歯の動きについて、3Dによるシミュレーション「クリンチェック」を行います。

 

⑤シミュレーション結果の確認・説明

 

クリンチェックの結果を患者さんと一緒に確認します。動画で治療計画を確認できるので、どのように治療を進めていくのか分かりやすいのもインビザラインのメリットの一つです。

 

⑥アライナー作製

 

最新のCAD/CAM技術を用いて、アライナーを作ります。

 

⑦アライナー受け渡し

 

アメリカからアライナーが届いたら、患者さんに受け渡しとなります。治療を始める前にアライナーの着脱が患者さん自身で行えるよう練習します。

 

⑧治療開始

 

およそ2週間ごとに新しいアライナーに更新しながら、少しずつ歯を動かしていきます。

通院は2~3ヶ月に1回なので、忙しい方や遠方の方でも治療が受けやすくなっています。

 

⑨保定期間

 

矯正が終わったら、歯が元の位置に戻ってしまわないよう、リテーナーという保定装置をつけます。保定期間が終わったら治療は終了となります。

 

このような細かな流れでインビザラインの治療方法を進めていきます。

気になった方は、まずはカウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか?

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP