新素材で一段と快適な装着感と審美性を実現|歯の矯正ナビ|歯医者さんが解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

         歯の矯正ナビ 歯科医が解決!歯並びのお悩み解決WEBマガジン

歯の矯正ナビ

新素材で一段と快適な装着感と審美性を実現

  • 2019年3月28日

 

1998年に開発されて以来、透明なマウスピースで歯科矯正を行う「インビザライン・システム」は常に進化を続け、さまざまな機能が追加されています。

 

そのひとつが「スマートトラック」です。

 

そんなスマートトラックについて紹介します。

 

新素材「スマートトラック」って何?

 

スマートトラックは2013年2月に導入された新素材で、従来のアライナー(マウスピース)素材に比べて高い弾性を持ちます。

その高い弾性によって、より持続的に歯に力を加えることができ、歯の移動のコントロール性を高めることが可能になったのです。

また、柔軟な素材になったことで一段と快適な装着感を実現し、アライナーの取り外しもより容易にできるようになりました。スマートトラックは今までのアライナー以上に目立ちにくいため、審美性にも優れています。

 

治療が終わったあとも微調整できるインビザライン

 

インビザライン・システムは、ソフトウェアによりシミュレーションを行いながら治療計画を立てる治療法です。クリンチェックという3D画像化技術を駆使したソフトウェアにより、歯が動いていく経過や治療後の状態を見ることができます。クリンチェックによる治療計画に沿って、患者さんひとりひとりの歯に合うようカスタマイズされたアライナーが作られます。

 

しかし、1本だけイメージしていた通りに動いてくれない歯がある等、100%計画どおりにはいかないこともあります。そんな場合は「リファイントメント」を行うことが可能です。

リファイントメントとは、治療開始から5年以内であれば追加料金なしで微調整できるオプションのことです。

 

せっかくインビザライン・システムで矯正するのですから、患者さんが心から満足できる笑顔が見られるようサポートします。インビザライン治療を受けてみたいけれど、本当にうまくいくのか分からないという方は、まずはクリンチェックを受けてみるのもおすすめです。

  • この記事の監修者

    港スワン歯科・矯正歯科 矯正医
    梶 敬太(カジ ケイタ)

TOP